事故防止大会

晴天の『OTAふれあいフェスタ2013』初日の11月16日土曜日。平和島公園(太陽のエリア)にて事故防止大会が開催された。

大田区からの提案もあり、あらゆる地域と年代の方が大勢集まる『OTAふれあいフェスタ2013』のイベントの一つとして 従来取り組んできたスケアードストレイトでの事故防止、交通安全教室を開催するのは、初めての試みだ。

当日は大田支部事故防止委員会のメンバーと支部の方の応援隊総勢17名で朝10時から会場準備、配布用ノベルティの準備、観客促進のための宣伝チラシの配布をして万全に備えた。

  太陽のエリア本部より開催のアナウンスの後、14時30分から事故防止大会は定刻通り開始した。

  三浦支部長の「今日はトラック協会の我々と皆さん方とご一緒に、交通安全のための勉強をしましょう!」の挨拶から始まり、蒲田交通安全協会 会長 坂本 幸政様のご挨拶を頂いた後は、時間の関係上ご出席頂いたご来賓の方のご紹介のみとさせていただき(警視庁 大森警察署 交通課長 成井正司様 大田区役所 都市基盤整備部長 赤坂 英夫 様 蒲田交通安全協会 副会長 徳永良夫様 ) 、進行を大森警察署 交通課 竹内巡査部長にバトンタッチして自転車安全教室からスケアードストレイトの実演に移った。

  実際に自転車やスタントマンが乗用車、トラックに跳ねられる場面を目の当たりにした観客は事故の恐ろしさを痛感したようで、悲鳴や驚嘆の声も多く聞かれた。

  閉会に際し、大森警察署 交通課長 成井様より「今日、ご覧になったことは実際に この大田区管内で多く起こっている事故だと言うことをご承知頂き、一つでも悲惨な事故を減らすためにも今日学んだことを実践してください」というご挨拶を頂戴した。観客、来場者には蒲田、池上、田園調布の3交通安全協会からの協賛品と支部、及び協会からの記念品を一つにパッケージし交通安全グッズとして配布し、トラック協会のアピールと交通安全の普及促進を図った。

   当日長時間にわたりご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。お疲れさまでした。

↓上記のスライドショーが表示されない方は下記をクリックしてください。

事故防止大会